読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BabyFutoshiくんの妊活ブログ

イギリスに在住の妊活主婦です。旦那ちゃんはイギリス人紳士(^^♪ 妊活記録が子育て記録になると願って頑張りたいと思います♪

20代の頃の自分と30代の今の私

最近、20代の前半にやってた自分のブログを読み返してました。

 
あの頃の私は人生の下積み段階だったんですね。英語が話したくてNOVAに通っていました。NOVAで出会った先生たちはみんないい人でした。いまだに1人Facebookで私を見つけてくれたりして繋がってる人もいます。
 
当時の私は、なんでもヤル気満々でジムも多いときで週に5日ほど通い、ヨガやピラティスを真剣にし、ヨガ留学でロサンゼルスに行く、とまで宣言していました。
 
当時の私は実は日本人の男性と結婚していました。私が21 ~ 25歳までの4年半結婚生活がありました。週がわりで夜勤のあった旦那さんだったので夜勤の週はジムなどに没頭しました。4年くらい経ったところでなんだか違うということに気付き、夢を持つことが許されないような窮屈な思いをしていました。現に当時はスキーの選手だったんだけど限界があったり、いろんなものが制限されました。
 
そしてついに4年半経ったところで離婚を決断し、シングルに戻ったんです。離婚を決意した時は、「こんな大きな決断をするのだから夢はしっかり追いかけよう。まず諦めてたものから取り戻そう」と心に決めていました。
 
 
離婚後はすぐにやりたいことが見つかりました。20歳のころにやってたスキーのインストラクターです。スキーの選手はお金がかかります。ではお金をかけずにスキーするにはインストラクターしかないと思ったんです。あともう一つやりたいことは英語の勉強でした。これもお金がかかります。当時は北海道のニセコに外国人スキー客ばっかりで埋まる時期がありました。その情報を聞きつけ、すぐにニセコのスキースクールへ応募しました。国体選手経験が生かされ、即内定が決まり離婚した2週間後には決まっていました。その冬から北海道へこもることになったんです。両親へは事後報告となりましたが、それまでにいろいろ我慢してきた私のとった行動には満足していたようです( ・∇・)
 
それから2シーズンニセコでスキーのインストラクターをしました。世界中からスキーを習いにくるお客さんと毎日レッスンを重ね、英語力もぐいぐい上がりました。ま、今に比べたら全くダメでしたけどね(*_*)
 
そこで出会ったんです‼私の人生を大きく変える人に(・∀・)人(・∀・)
 
彼女の名前はSandraです。70人くらいの団体がイギリスからスキーしにやってきてたんです。それで私は7人の初心者(全く初めて)チームを請け負いました。しかもみんな50歳前後の熟女たち。それでも5日目にはパラレルターンができるようになったりと大満足に終わりました。最終日には泊まってるホテルのバーに呼び出され一緒に飲んだりしたんだけど、その時に「もっと英語が話せるようになってみんなと壁なく楽しい会話がしたいんだ」ってボソッとSandraに話したんです。
 
そしたらなんとSandraが「英語が話したいならイギリスに来なさい」って言ったんだけど「イギリスなんて遠いし、高いから無理だよ」て返したら、「そこにいる二人が部屋余ってるから住んじゃえばいいのよ」って私のレッスンした他二人を指して言いました。そしたらその二人も大歓迎というのです。
 
その冬がおわり、さっそく飛行機のチケットをとり、3ヶ月行くことになったんです🎵確か9月から12月だったと思います。行く前はSandraがイギリスから手紙や地図、地下鉄のマップなど、いろんなものを送ってくれました。本人も誘った側として責任を感じたのでしょうね。その3ヶ月間は語学学校に通いました。働けるビザはなかったのでとにかく無駄遣いしないよう貯金をちょっとずつ遣いました。
 
そして帰って来てまたニセコのスキー生活が始まりましたが英語力が上がっていて、スクールからも随分と頼りにされました。そこで英語力への欲がもっとあがり、イギリスへ戻るには、と夜な夜な調べるようになりました。
 
そうしたらなんということでしょう!?運命の歯車とはこのことです。2009年からイギリスのワーキングホリデービザが25歳から30歳未満と変更になったんです。当時の私は26歳だったので、ワーホリを諦めてたんですが30歳まで申請できることになり願ってもない幸運が舞い込んできました。しかも1年から2年に延長になってたんです。
 
これを見逃すことはできないって思いました。しかし仕事は4月まであるし、ワーホリのビザ申請は1月からの先着順なので、今回はさすがに無理かもな。。。と思いつつも準備をしていました。そして4月の仕事を終えてから申請に行き、その翌日辺りには申請打ち切りの知らせがありました❗ 「うわーあぶねー」って思いました。そして見事にビザが降りたんです❗
 
ラッキーだったとしか言いようがありませんね(・∀・)人(・∀・)それからというもの、ずっとイギリスにいることになったんです🎵
 
Sandraとは今も半年に一回ほど会うようにはしてて、もちろん旦那ちゃんとの結婚式にも来てくれました。私にとってイギリスの母なんです(о´∀`о)ノ
 
20代の頃の下積みがなければ今の私はなかったし、大切な出逢いやきっかけを生かすことが出来なかったと思います(о´∀`о)今の私が頑張っているといえば仕事のことくらいで、ジムや趣味に没頭する意欲が全然ありません。でもね、いいんです。あの頃は仕事は二の次だったし、とにかく趣味を優先させていたから、今は仕事でキャリア積むことが将来の私への下積みなんだと思うんです(о´∀`о)もうクラブも行かないし友達付き合いも随分と減りましたが自分のペースでゆっくり過ごしていきたいなと思います(´-ω-`)
 
自分の人生だから自分で切り開いていかないといけないよね。頑張りすぎずに頑張ってこ🎵妊活だっていくつになったって張り切ってこ(о´∀`о)ノ願ったり希望を持つことで人生って前に進んでいけると思うよ。ネガティブ思考は何も産み出さないよ❗