読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BabyFutoshiくんの妊活ブログ

イギリスに在住の妊活主婦です。旦那ちゃんはイギリス人紳士(^^♪ 妊活記録が子育て記録になると願って頑張りたいと思います♪

D24 高温期12日目 時は金なり

妊活 物申す

今日の基礎体温は、

36.74°


f:id:BabyFutoshi:20161013160013j:image

相変わらず不正出血。リセットは明後日くらいじゃないかなーと予測しています。うえーん、お泊まりに行く予定なのに辛し( ;∀;)

 

さて、昨日は会社の会議前の打ち合わせという名の飲み会行って来ましたー( ・∇・)みんな本当に面白くってほぼ笑い通しの飲み会となり楽しかったです(*^^*)結局23:00を回って電車に乗ったので帰宅は0時前( ̄□ ̄;)まー、2, 3ヶ月に1回の事だからいいんですけどね。でもその飲み会でボスが「いつも早いから一本遅いのでおいで」と言ってくださったんです( ・∇・)

と、いうのも私ロンドンから離れた田舎に住んでて電車がいいタイミングでなくっていつも会社に50分前に着く電車に乗ってるんです。家を出るのは2時間前(・_・) でも一本ずらすだけで、50分後の電車でしかもロンドンまでノンストップの快速便に乗れるんです。会社に着くのは問題なければ10分前に着けるんですけど、イギリスの電車事情は本当に信頼がなく遅れると遅刻になってしまい、そのリスクが嫌で一本早いので3ヶ月やって来ました。遅刻が大嫌いな私。でもボスがそういってくれるお陰で電車事情も理解してくれてて嬉しいです。

時は金なり。これの意味を結構勘違いしてた自分がいました。世の中にもたくさんいるんじゃないかなーと思います。私は時間を常にお金に換算して考えることだと思ってたんですよね。でもそうではなくて、与えられた時間をどう過ごすのか、それによって得られる利益という意味なんだそうです。

この『時は金なり(Time is money)』という言葉はまれに、「時間は全てお金に換算して考えないとダメ」であったり「時間は全てお金に換金することを前提に考えるべき」といった誤解をされる方もいらっしゃいますが、そうではなくて、あくまでも機会費用の考え方の重要性を私たちに教えてくれている言葉なのです。

機会費用(opportunity cost)とは、別の選択肢を選択していれば手に入ったはずの利益を差します。

だそうです。

時は金なりという名言が教えてくれる機会費用の概念をよく理解して、相手の時間を奪うような行為をできるだけしないように心がけることが、経済的に豊かになりたいのであれば絶対に不可欠なのです。

他人の時間を奪う人は絶対にお金にモテることはありません。私も含めて、人間誰しも、自分のことばかり考えていると、ついつい無意識にやってしまいがちですので十分注意したいポイントですね。

詳しくはこちら

まさにそうですね。遅刻が大嫌いな私ですが待ち合わせで堂々と遅刻してくる人の気が知れません。たくさんいるしスマホで「遅れる」と伝えておけばよし、と思ってる人が多いですよね。「いいよ、大丈夫だよ」と対応するけどその人に対する信頼度は確実に落ちていきます。実はそれが原因で友達じゃなくなったパターンがかなりあります。

 

そう、みんな毎日大切な時間が刻々と過ぎていってるんだよ‼それを浅はかな気持ちで勝手に奪うんじゃない‼ と、世界中の遅刻魔に物申したい(・_・)

 

1572年 Time is money ベンジャミン フランクリンさんが残した言葉ですが偉大ですね(*^^*)

 

さて今日も頑張りまーす( ・∇・)