BabyFutoshiくんの妊活ブログ

イギリスに在住の妊活主婦です。旦那ちゃんはイギリス人紳士(^^♪ 妊活記録が子育て記録になると願って頑張りたいと思います♪

D18 IVF病院選び 成功率の数字

今日の基礎体温は、

36.79°


f:id:BabyFutoshi:20170614155100j:image

オリンピック延期した高温期は本当に早いです(・_・)

 

昨日まで、職場の苦手な人のことで家に帰ってもどこにいても思い出してしまい悶々としてたのですが、私の前任の方に頂いたメッセージでスッキリしました(●^o^●)本当にいつもありがとうございますm(__)m私、今の職場に来てもうすぐ一年なんですよね。。。いまだに前任の方に聞いてもらってるだなんて幸せなことです(*´-`)

 

さて昨日はIVFについてググりまくっていましたw職場に近いところで人気の病院をググってたんですが、後から気付いた話し、仕事を抜け出して行く、朝一行ってから仕事に行く、とか・・・無理っぽいですね( ̄□ ̄;)!!卵の採取とかも数時間後には帰宅可能、迎えが必要、24時間以内に重要な書類へのサインはしないこと(判断力が鈍っているから)、などなど注意書きがありました。要するに副作用とかあるってことですよね。まったく仕事の合間に、とか無理っぽいですよね(・_・)食事制限とかもあったし。。。計画立てて仕事の休みを取るとか必要なんですね。

 

私の場合、自宅と職場が1時間半ほどかかるくらい離れているので、もし自宅近くにすると仕事を休む時間がその分長引いてしまうんです。だから職場近くにしようと思って、ロンドンのIVF成功率とかおすすめレビューとかも見てたんですけど、仕事を丸々休むことになりそうだから自宅近くにしないと不便じゃね?と気づきました(遅い)

 

ちなみに成功率の数字ですが高いからといって病院の評判が良いわけではなさそうですよ。例えばロンドンのARGCの成功率が他が50%以下(ほとんど40%以下)なのに比べ80%を叩き出してのダントツの一位なんですが、患者を選んでるようです。高い数字をキープしたいために、難しい患者は断り、検査やモニタリングの頻度も他に比べると回数が異常に多く、その都度請求され、最終的に高額(£15,000ほど)請求されるのだそう。そして実際に子供ができて嬉しいけどスタッフの対応含め、心のケアはされなかったと愚痴ってる人がたくさんいました。なるほどーですよね。数字だけを信じちゃいけませんね。

 

病院選びは本当に慎重にしないと後悔するんだろうなぁと思いますね(*´-`)少なくとも信頼が生まれないと安心して通えないし、不安を抱いたまま妊娠できるとも思えないし。心のケアは特に重要だと思いますしね。というわけで今日は自宅近くの病院リサーチに励みたいと思います( ´_ゝ`)・・・田舎だからなぁ・・・あるのかしら(・_・)

 

さてっと、水曜日。折り返し!今日は夕方テニスなんで日頃のストレスをラケットでバシバシと発散してきたいと思います(●^o^●)週も折り返しですね‼ふぁいおー