BabyFutoshiくんの妊活ブログ

イギリスに在住の妊活主婦です。旦那ちゃんはイギリス人紳士(^^♪ 妊活記録が子育て記録になると願って頑張りたいと思います♪

D10 残された一週間

今日の基礎体温は、

36.59°


f:id:BabyFutoshi:20170106170448j:image

 昨日は今期2回目のアタック完了ヽ(・∀・)ノD9までに2回できるなんて上出来です‼この調子で2日に一回アタック頑張りたいです(*^^*)

 

心配してるのが肝心の排卵日。
f:id:BabyFutoshi:20170106170505j:image

えっと真っ白(゜ロ゜) D9から検査薬を変えたから何が原因か分かりません。とりあえず検査し続けよう(;´∀`)過去の結果をみてるとD10でうっすら線が出てるので、今月はひょっとしたら遅れてるのかもしれませんね。うむ。心配してもしょうがなし(*´-`)

 

昨日は衝撃的なニュースが。日本にいる母から「お爺さんが長くもって1週間の命」と連絡がきたんです。。。1ヶ月前に腰の骨が折れてから入院してた101歳のお爺さん。入院するまでは体も脳も健康だったのに、入院した途端にボケが始まり、毎日通ってた母がみるみるボケが進んでるのをみてきました。お爺さんが一番最初に忘れた人は、自分の長男(私の父)だったのです。長男の嫁(私の母)のことは分かるのに母にこっそり「あの男の人は誰かな?」と聞いてきてびっくりしたそう。

 

リハビリを始めたときに具合悪くして食べれなくなったんだそう。数日食べなかったことで、喉の筋肉を失い2度と食べることができなくなってずっと点滴だったんだそう。それが昨日ついに体が点滴さえも受け付けなくなったんだそう。医師によるともう手だてはなく、もって1週間とのことだそうです。

 

私は先月半ばにイギリスのビザ更新に行ったんですけどね、それのビザがまだ降りてないんです。パスポートも預けたまま。旦那ちゃんと私から電話、メール、手紙を出しました。緊急というタイトルで出したんですが何の連絡もありません。このままではお葬式すら参列できないかもしれないと思うと悔しくて仕方ありません。なんというタイミングなんでしょうね。

 

お爺さんはよく長生きしたなーと思いますが腰の骨が折れてなかったらあと10年くらい生きれたくらい健康なお爺さんなので、あまりにも突然訪れた死の宣告に驚いています。だから「長生きしたね」と言われても「いや、まだまだ生きれたのに」って思いますね。

 

人が死に直面してることを思ったときに自分の存在や価値観について凄く考えさせられます。自分の悩み事など本当に小さなものだなと。そして自分の今生きてる地点が自分の人生のほんの一瞬でしかないこと。でもその一瞬で人生を大きく変えられることもあるし、一瞬一瞬をどう選択し、歩み進んでいくのかで人生は導かれていくんですよね。だからやっぱり止まっちゃ行けない。振り替えって過去のことにこだわったり、辛いことを思い出したりするよりも、未来を明るくするために自分の足で前に突き進んでいく。ゆっくりでも前に進んでいくことが大事だよね(*^^*)

 

お爺さんがどうか安らかな人生の最終府を打てますように。